ツイッターとは

ツイッターの名前の由来はユーザーが『ツイートする(つぶやく)』ということからきていて、いつでもつぶやきを投稿することができるサービス。

ツイッターには文字数制限り140文字を超える投稿はできない。

https://twitter.com/

ツイッターのメリット

ツイッターは商用可能でビジネスとしても活用できます。 DELL社はPCアウトレット情報をツイッターでつぶやくことで多額の収入を得たといわれております。

ユーザーは、基本的に自分の気が合いそうな人や、興味のあるつぶやきそしてくれる人をフォローしていきます。興味のある人にピンポイントで情報を発信することが可能ということです。

※リアルタイムの情報が検索できます。

ツイッターは、名前、ユーザー名、パスワード、メールアドレスを希望のものを入力し、『アカウントを作成する』をクリックすれば、スグにサービスを利用することが出来ます。

ツイッター用語

【タイムライン】 複数のツイートがリアルタイム(時系列)に一覧となって並ぶ事を指します。ホーム画面に表示されるタイムラインは、自分がフォローしているユーザーのツイートが一覧になります。

【フォロー、フォロワー】 他のユーザーをフォローするとそのユーザーを読者登録したことになり、今後のそのユーザーのつぶやきがホーム画面上に表示されるようになります。フォロワーはその逆です。

【@ユーザー名】 このユーザーさんに対してのつぶやきという意味です。 ダイレクトメッセージ つぶやきとは別に相手にメールを送る事が可能です。しかし、相互フォローしていないと送る事はできません。

【リツイート(RT)】 つぶやきを再度つぶやく際に使用します。自分がつぶやいたコメントを、他のユーザーがリツイートした場合、そのユーザーのフォロワーにも自分のつぶやきがホーム画面上に表示されることになります。この連鎖が起きると、非常に多くのユーザーが自分のつぶやきを見てくれることになります。

【ハッシュタグ(#○○)】 ブログ等のタグ機能と同じです。クリックすると、そのタグの文言のあるつぶやきを確認することができます。

自己紹介や所在地の入力

右上のプルダウンメニューより設定をクリックし左にあるプロフィールをクリックすると編集画面に移りますので、ここで自己紹介や自分のホームページを登録しておきます。また上部にある画像を貼っておくことで、フォローしてもらいやすくなります。 ※自分の必要以上の個人情報を載せるのはやめた方がよいと思います。

つぶやいてみる。

ホーム画面上にあるテキストボックスを入力し、ツイートボタンをクリックすればツイート完了です。テキストボックス左下にあるカメラのマークを利用すれば画像を貼って投稿することも可能です。 ※ ツイートには文字制限があり140文字まで入力可能です。

自分のつぶやきを削除する。

期間限定でツイートを公開した場合や、文字ミスを発見してしまった場合などでツイートを削除したい場合。 自分のツイート数の部分をクリックすると、今までツイートした一覧が表示されます。削除したいツイートの下部にあるごみ箱マーク(削除)をクリックすればそのそのツイートは削除されます。 ※ ツイートの修正はできません。

フォローする。

気に入ったユーザーのツイートをホーム画面上に載せたい場合に使います。 自分が他のユーザーをフォローした場合は、相手からすると自分はフォロワーというわけです。 フォロワーが増えれば増えるほど自分のつぶやきは、沢山の人に見てもらえることになります。 フォロー解除は、今後ホーム画面上にそのユーザーのツイートが載らなくなります。

リストの作成

フォローが増えるとホーム画面上に多くのツイートが表示されてしまい、目的の人のツイートやプロフィールが探しにくいという状況になり易くなります。そこでフォローを特定のグループに分ける機能があります。 友達関係や仕事関係等にリスト分けすることで、友達関係リストのみをタイムライン上に表示させることが可能です。

特定のユーザーをブロックする。

ツイッターに公開したツイートを特定のユーザーのみ自分のホームにアクセス出来ないようにすることができます。 フォロー一覧もしくはフォロワー一覧よりアイコンをクリックし『○○さんをブロック』を選択します。 ブロックしたユーザーをフォローしている場合は自動的にフォローが解除されます。スパムだと思われる場合は『○○さんをスパムとして報告』をクリックします。

特定のユーザーのみツイートを公開する。

一部のユーザーのみ公開する機能です。設定画面の『ツイートを非公開にする』にチェックをいれるとツイートは一般に公開されなくなります。 非公開にすると、ホームにフォローリクエストが届き、『許可する』or『拒否する』のどちらかを選びます。『許可する』を選ぶと相手ユーザーはツイートを閲覧することが可能になります。

ツイートにハッシュタグを付ける。

ハッシュタグとは、ブログにあるタグのような機能で、タグを入力しておくと、ツイートが検索されやすくなります。 ハッシュタグを使用するには、ツイートのどこかに#を入れツイートに関連する単語を入れておきます。

例ツイートアルファベットバージョン

『今日かわいい猫見たよ~#cat』

例ツイート日本語バージョン(日本語ハッシュタグは前後に半角スペースを入れます。)

『今日かわいい猫見たよ~ #猫 』 ←半角スペースを前後に入れます。

ハッシュタグにはとくにきまりはありませんが、一般的なキーワードを入れると検索に引っかかり易くなります。 また、ハッシュタグは同じツイートに複数用いてもかまいません。 ハッシュタグを利用するとタグにリンクが貼られ、そのタグを使用しているツイートを閲覧することが可能となります。 ここから自分のツイートをフォローしてくれる場合もありますので、どんどん使っていきましょう。

ツイッターデザインの変更

ツイッターでは自由に背景デザインを変更することが可能です。 あらかじめツイッターが提供しているデザインを使用し変更する方法と、自分の用意したデザインに変更する方法があります。 右上のプルダウンより設定を選択し、左メニューのデザインを選びます。 テンプレートから選べばツイッターの提供するデザインテーマになります。 下部の『独自にカスタマイズする』を選ぶと自分で用意したデザインを背景にすることができます。

ツイッターを使った集客法