いつもありがとうございます。

今日は一日中、下痢で最悪な日を過ごしたのりぞうです><

今日は『競合(ライバル)』について私が感じたことを少しだけ!

ネットビジネスを始めたばかりの初心者の頃ってライバルがいることを怖いと思ってしまいがちですよね。

『ライバルが多くて稼げないんじゃないか…』

そんなことを思う方も多いんじゃないかと思います。

私も血眼になって、ライバルの少ないネットビジネスを探したもんです。

例えば、UFOキャッチャーでしかゲットできない景品を転売してみたり(クレーンゲームはかなり得意(笑))、ドロップシッピングで海水魚のフィルターや水槽セットを売ってみたりしました。

ライバルが少なくこれなら独り勝ち♪っと思って数カ月試してみました!

地道にゲーセンを歩き回り景品ゲットし出品!ドロップシッピングではコメントをたくさん入れかなり力を入れたサイトに仕上げました。

その甲斐あってヤフオクとドロップシッピングの売り上げが大爆発・・・

・・・

・・・

・・・

・・・しませんでした。

かなりショックだった覚えがあります。

大失敗でした。

ドロップシッピングのほうは、SEOの知識などがなかったせいもあります。

景品転売は、スズメの涙ほどの利益

労働力との採算が合わなく挫折

ってか、問題だったのは、人気のあるものをチョイスしなかったせいで、アクセスが集まらないんです。

ヤフオクなのに自分が手に入れた景品にアクセスがない。

カテゴリ内に出品している人(ライバル)も少なければ、アクセス(お客さん)も少ない。

その時思ったのは、ライバルがいても人気のあるものを扱わないとだめ!!

(ニッチなものがだめ!って意味じゃないです。カメラのレンズはオークションですごい人気があります。)

ライバルが沢山いるからやらない…

ではなく、ライバルが多いからこそやる!いつの日か、マインドをそのように切り替えることにしました。

私の提供するノウハウはライバルがいます。

ビジネスって基本的には必ず、競合がいて当たり前なんですよね。

競合がいない抜け穴ビジネスばかり探そうとするから稼げないんだ。

例えば、美容院の激戦区表参道に新規にオープンしたら稼げないのか?

そんなことはないですよね。

もしそうなら、この世の中、どの業種であっても老舗しか残っていないはずです。

接客、サービス、立地、宣伝、価格などいろんな要素が絡み合って、残れる店、潰れる店が出ているわけです。

優良店なら、新規オープンした店だって繁盛しますし、老舗でも企業努力をしなければ徐々に、潰れる方向へ向かうはずです。

激戦区=お客が沢山いる! と思えばいいんです。

私の提供するアフィリエイト手法でいえば『少女時代 東京ドーム 座席表』などでヤフー検索してみてください。

沢山ライバルが出てきますよね。

そこには沢山お客さんがいて、正しいノウハウでやれば稼げる見込みがあるという証拠です。

ライバルよりも、より記事を書いてアクセスを集めれば、稼げるってことです!

常日頃思うことは…

『とことん徹底的に!』

意外と中途半端にアフィリエイトやっている人も多いので、自分はその中でとことん作業すれば意外とごぼう抜きできちゃうんじゃないか!

誰よりも真剣に取り組む!っと決意し、取り組めばライバルに勝てるようになる。

そう思うとやる気わいてきませんか?