私は、25歳からおもにヤフオクなどで稼いでいますが、
ネットビジネスって本当にイメージ悪いですよね。

『転売は悪』などよく耳にします。


特にイメージが悪いのはアフィリエイトです。
その中でも稼ぐ系の情報販売、情報商材アフィリエイトは、
ねずみ講なんてことも言われます。

なぜそんな言われようなのか・・・

わからないでもないです。

先日もネオ○ルズ族にあこがれた人が詐欺で逮捕されましたね。
そういうこともあります。

しかし、それだけでなく稼ぐ系の情報販売、情報商材アフィリエイトの
流れがねずみ講ぽい?のかなと思うわけです。

例えば、
Aさんは稼ぐノウハウを持っているとします。
AさんがBさんにそのノウハウを売ります。

するとBさんが稼げるようになります。

今度は、BさんがCさんに稼ぐ方法を販売します。
Bさんはさらに稼ぐ為に、Aさんや他の稼ぐ系ノウハウを購入します。

ニキビを治したい人に対して情報を販売する場合は、
その人のニキビが治れば終わりですよね。そっから先はありません。
稼ぐ系の情報に限っては終わりがなく、
ピラミッド階層の上に位置する人(ここではAさん)は、
どんどん稼げてしまうんです。

まあ、それでも皆が稼ぐことが出来るようになり、
皆が皆ハッピーならばそれはそれでいいのかなっと思いますが。

『皆が皆ハッピー』
ココがポイントですね。

残念ながら今のネット業界は、皆が皆ハッピーじゃないです。
そこが一番の問題だな~と思います。

痛い話ですが、
上の例でいうと、最悪Cさんが稼げなくてもAさんはどんどん稼いでいきます。

具体的に言えば、
Aさんは販売して得たお金で、
アフィリエイターなどにお願いし、
莫大なトラフィックを流して大量に販売します。
販売して得たお金でまた莫大なトラフィックを…

っという流れです。
大量に売れば売るほどサポートはできなくなります。
稼げるノウハウならまだいいですが、
100人に1人くらいしか稼ぐことが出来ないノウハウも中には…

Cさんのマインドや環境にもよるので一概には言えませんが、
売る側の人間としては、
周りになんて言われようが、
最低でもCさんを満足に稼げるようにする。
その為にはサポートを徹底する。っということが大事だなと感じます。

最後は自分への戒めになってしまいましたが、
そんな感じです。

では!